2020年3月23日月曜日

【NPOインターンシップ体験談】人との“出会い”がやりがいに〜加藤 拓海さん


加藤 拓海 かとう たくみ (関東学院大学3年生 
インターン先NPO法人アークシップ
インターンシップ期間20198~20203

企業ではなくNPO
Q.なぜNPOインターン(長期)を選んだのですか?
A.夏休み中何かに挑戦しようと思っていたところNPOマネジメントという授業でこのNPOインターンシッププログラムのチラシを見たから。
企業でのインターンは正直、面白そうではなかったが、このNPOのインターンは自由度が高く楽しそうだなと思った。
長期を選んだ理由は、音楽に対しての考え方に共感したアークシップで活動したいと思ったから。

人との“出会い”がやりがいに
Q.インターンの活動の中でも、やりがいのあった活動は何ですか?
A.ホッチポッチミュージックフェスティバルのための施設訪問に最もやりがいを感じた。
その理由は人との“出会い”を今までになく感じることができたから。自らの足で出向き、直接話すことの重要さを肌で実感した。誠意をもって相手と接するとそれが相手に伝わり、学生の自分に対しても対等に近い形で接してもらえ、そのことにやりがいと責任を強く感じた。
アポイントメントをとり、得た情報を発信するプロセスを学生のうちに実践できてよかった。


社会に出ることへの希望
Q.インターンを通して変化したことはありますか?
A.大きく変化したことは、社会に対する意識だと考える。
社会人になることに対して漠然とした不安を抱えていたが、NPOで働く人や、ボランティアとして関わっている人の生き生きと活動している様子を見て“大人”ってこんなに楽しく仕事や、やりたいことを追求できるのかと思った。
今は社会に出ることで自分のやりたいことをより実現していけるのではないかという思いになった。








1 件のコメント: