2020年3月23日月曜日

【NPOインターンシップ体験談】頭で考えるよりも、“とりあえずやってみる”〜海老沢 桃花さん



海老沢 桃花 えびさわ ももか(明治学院大学 2年)
インターン先:アークシップ
インターンシップ期間:20198~201911

音楽に関われるインターン
Q.なぜNPOインターン(長期)を選んだのですか?
A.中学・高校時代に吹奏楽部に所属しており、音楽に関わる仕事に興味があった。大学の授業の中で、音楽系のNPO団体にインターンができるプログラムがあると知り、参加を決めた。
一番魅力を感じた、アークシップの受け入れが長期しかなかったため。また、イベントや団体の人に長期間、深く関わることで、有意義なインターンにしたいと思ったため。


新しい発見の連続
Q.インターンの活動の中でも、やりがいのあった活動は何ですか?
A.様々な団体に取材をしたこと。
私は、社会的マイノリティの方が経営するカフェや身体障害者支援施設、子供とその親のためのNPO団体への取材や、視覚障害者支援施設の方を招いて視覚障害を持つ方の誘導や白杖体験をした。自分の想像以上に知らなかった部分が多く、新しい発見の連続だった。そういった経験が出来たことと、そこで得た知識をどのようにホッチポッチに活かすか、また、どのような言葉で第三者に伝えるかを考える時間はとても有意義なものだった。


頭で考えるよりも、“とりあえずやってみる”
Q.インターンを通して変化したことはありますか?
A. “とりあえずやってみよう”という考えで動けるようになった。
今までは、行動に移すことは勇気のいることで、頭の中で考えられていても、深く考えすぎてしまい、なかなか行動に移すことができなかった。しかし、このインターンでは、止まって考えている余裕はなく、とりあえずやってみよう、という柔軟な考え方ができるようになった。頭で考えているよりも、実際に動いた方が見えてくるものが多い、ということを学べた。





【NPOインターンシップ体験談】参加者のことを考える運営〜仲上 佳希さん


仲上 佳希 なかがみ よしき(慶應義塾大学 2年 )
インターン先:横浜NGOネットワーク
インターンシップ期間:20198~20203

JICAへの興味からYNN
Q.なぜNPOインターン(長期)を選んだのですか?
A. JICAに興味を持ったのがきっかけです。JICAの情報を多く知りたかったので短期よりは長期の方がJICAの関係者の方々と接する機会が多いと感じ長期のインターンを選びました。YNNを選んだのはJICA横浜内にあり、かつ他の国際NGOと関わる機会が多かったのでYNNを選びました。


悩みながらも仕事を全うすること
Q.インターンの活動の中でも、やりがいのあった活動は何ですか?
A.よこはま国際フェスタの運営準備とよこはま国際フォーラムの当日運営です。
フェスタに関しては、僕のインターン中で一番時間を割いた出来事でした。僕がYNNに入って主導で関係者の方々と計画を練るという経験をした初めての出来事だったので大きなやりがいを感じました。
フォーラムは運営をした初めての出来事でした。運営側の動きを知れた初めての経験で、悩みながらも仕事を全うすることができたので、こちらも大きなやりがいを感じました。


参加者のことを考える運営
Q.インターンを通して変化したことはありますか?
A.運営に対する考え方は大きく変化したと思います。
今までの自分は運営側に回る際に、自分たちがしてきた成果を見せることに重きを置いていました。しかし小俣さんの運営の考え方・仕方を見ていると成果を見せるというよりは、どうすれば安全に参加者の方が楽しんでもらうかに重きを置いていました。
特に印象に残っているのはフェスタが台風で中止になった際に、「撤退にも楽しみを感じないといけない」とおっしゃっていたことです。


【NPOインターンシップ体験談】人との“出会い”がやりがいに〜加藤 拓海さん


加藤 拓海 かとう たくみ (関東学院大学3年生 
インターン先NPO法人アークシップ
インターンシップ期間20198~20203

企業ではなくNPO
Q.なぜNPOインターン(長期)を選んだのですか?
A.夏休み中何かに挑戦しようと思っていたところNPOマネジメントという授業でこのNPOインターンシッププログラムのチラシを見たから。
企業でのインターンは正直、面白そうではなかったが、このNPOのインターンは自由度が高く楽しそうだなと思った。
長期を選んだ理由は、音楽に対しての考え方に共感したアークシップで活動したいと思ったから。

人との“出会い”がやりがいに
Q.インターンの活動の中でも、やりがいのあった活動は何ですか?
A.ホッチポッチミュージックフェスティバルのための施設訪問に最もやりがいを感じた。
その理由は人との“出会い”を今までになく感じることができたから。自らの足で出向き、直接話すことの重要さを肌で実感した。誠意をもって相手と接するとそれが相手に伝わり、学生の自分に対しても対等に近い形で接してもらえ、そのことにやりがいと責任を強く感じた。
アポイントメントをとり、得た情報を発信するプロセスを学生のうちに実践できてよかった。


社会に出ることへの希望
Q.インターンを通して変化したことはありますか?
A.大きく変化したことは、社会に対する意識だと考える。
社会人になることに対して漠然とした不安を抱えていたが、NPOで働く人や、ボランティアとして関わっている人の生き生きと活動している様子を見て“大人”ってこんなに楽しく仕事や、やりたいことを追求できるのかと思った。
今は社会に出ることで自分のやりたいことをより実現していけるのではないかという思いになった。








2019年9月2日月曜日

8/31 サコノミ報告

NPO法人アクションポート横浜のインターン生の内藤です。
私たちインターン生は8月31日に左近山団地にて行われたサコノミに参加しました。
サコノミとは左近山団地に住む横浜国立大学の学生通称サコラボメンバーを中心に横浜市旭区左近山団地の商店街にて行われるビアガーデンです。
横浜国立大の日本酒などの飲み物のほかに商店街のお肉屋さん、魚屋さん、八百屋さん、豆腐屋さんに協力していただきおつまみを提供しています。



当日に向け8月5日に左近山U25会議を行い左近山団地クイズを行うことで我々自身も左近山団地について理解を深め、また当日のメニューの確認などを協力してくださるお店の方々とお話させていただきました。また、前回のサコノミの反省点について話し合い改善策を練りました。反省点を活かし今回から新たにサコノミマニュアルを作成しました。

サコノミ当日はサコラボメンバーと我々インターン学生のほかに独自で参加した大学生など10人を超えるメンバーで準備し、様々な役割を担いました。我々インターン生はおつまみのデリバリー係としてお客様の伝票と代金を預かりそれぞれの店舗に注文と配達を行いました。
どのお店の方も優しく、とても温かい方々でした。
今回から新しく左近山団地に住み活動しているSTGKさんが作ってくださった立ち飲み用のテント「ティピ」を使用させていただきました。↓

設営が開催時間ギリギリとなってしまい御客さまを少し待たせてしまいました。
サコノミが始まると想像よりも多くのお客様が来てくださり大盛況となった一方、食事配達に時間が掛かってしまったり品物が売り切れてしまったりと準備不足な点もありました。
前回の来場者数をはるかに超える200人以上のお客様にお越しいただきとても嬉しかったです。

サコノミ後のスタッフの打ち上げ内で改善点について話し合いました。
改善点の中でもやはりまだ若いお客様が少ない点や、通り過ぎてしまう方への呼び込み不足が目立ちました。
それぞれの意見を基にサコノミがもっと有名になり、左近山団地の活性化に繋がっていくと良いと思います。
次回は10月5日に開催されます。今回の200人を超える人数のお客様の来場お待ちしております!


                                                 

 

2019年3月31日日曜日

【学生スタッフ体験談】続けることで人の心を動かすことができる〜池田桃花

池田 桃花(明治大学)

2015年ー2019年

こんにちは!アクションポート横浜で、インターン生、学生スタッフとして活動させていただいたいけももです!
この春、大学を卒業し、社会人になります。アクションポートに出会った頃は高校生だったのに、あっという間に月日が流れました!笑
そのくらい濃い学生生活を送ることができ、その1つの理由にアクションポートの活動があります。
関わってくださった皆様、ありがとうございました!!

アクションポートに関わったきっかけ

私は、高校3年生の時に、神奈川県の「高校生ボランティアfriends(高ボラ)」という活動に参加していました。
これは、県内の高校生が月に2回集まって、ボランティア活動をしたり、ボランティアイベントを企画・開催したりする活動です。
当時、アクションポートが、高ボラのアドバイザーを務めており、「サンタプロジェクト」や「NPOインターンシップ」の報告会など、少しずつアクションポートのイベントに参加するようになりました。
そのうちに、大学生になったら、私もアクションポートで活躍したい!と思うようになったのが、関わったきっかけです。
そもそも、高ボラに参加しようと思った理由は、中学高校では部活動にすべての時間を捧げていたので、吹奏楽以外で、外にでて新しい人と出会ってみたい!と思っていたからです。
高校はアルバイトが禁止だったので、アルバイトの次に、外に出る手段として思い浮かんだのが、ボランティアでした。そのため、学生、企業の方、大学関係者、NPO職員、など様々な人と出会えるアクションポートは、私にとって、とっても魅力的でした!!




スタッフとしての活動

活動を通して気づいたことは、続けることで人の心を動かすことができる、という事です。
2015年、私が大学1年生の時は、「NPOインターンシップ」に参加し、アクションポートの長期インターン生として、翌年はアクションポートの学生スタッフとして活動しました。
高ボラの活動で、私はボランティアって意外と堅苦しくないじゃん!と感じていました。
それに気づいてからは、様々なボランティア活動の場に出向き、楽しく活動していたので、アクションポートで、「楽しさを広めるために、ボランティアやNPOの活動に参加すること、のハードルを低くしたい!」と考えました。そのために、ブログを使って、自分自身の毎回の活動を発信することにしました。
ただ、はじめは、自分がいかに楽しく活動しているか、ということを発信すればするほど、同年代の友達に「いけももってなんかすごいことしてるね〜!」と(振り切って言えば)憧れられてしまっていました。ハードルを低くするためにしている事が、逆効果になっている気がして、不安に感じていた時期もありましたが、だんだんとブログを応援してくれる人が増えて、辞められなくなりました(笑)。
私が自信をもって、スキルもなく続けられることがブログだったこともあり、せめてブログだけは続けよう、、、と更新し続けているうちに、「すごいこと」と言われるよりも「面白そうなこと」と言われる方が多くなっていきました
ブログを書き始めた当初は、読んだ人が活動に参加してくれることをゴールとしていましたが、読んでくれる人のボランティアやNPOで活動することのイメージが「未知」から「興味」に変わっていくことを実感しました。
私が発信する事で、少しでもボランティアやNPOに対するイメージを変えられたのかなと思います。



最後に

大学生活の前半をアクションポートで過ごし、後半はアクションポートを通して横浜で経験した事を、活かして過ごして来れたのではないかなと思っています。
アクションポートにいた2年間を振り返ると、成功した事はもちろんですが、悩んだり困ったりした思い出もたくさん浮かんできます。
でも、それはイヤな思い出では全くありません!悩んでも困っても、きちんと手を差し伸べてくれたり、助けてくれる人を紹介してくれたりするので、どうしたら解決できるのかを考えなきゃいけないんだ!という事を知りました。
私は地域で活動する中で、自分自身を知ってもらったり、活動する人の思いを聞いて共感したりするのが大好きで、学生生活の後半では横浜以外の地域で活動をしていました。
アクションポートで、成功した時にみんなで喜べる嬉しさや、失敗した時に立ち直ろうとする力を教えてもらったから、楽しく活動ができているのだと思っています!
ブログを応援してくれた方や、手を差し伸べてくださった方、私を知ろうとしてくださった方、一緒に活動をしてくださった方、アクションポートを通して出会った横浜のみなさま!ありがとうございました!


アクションポートで印象的だった瞬間BEST3


1 インターンの感想をNPO関係者の方にインタビューしに行った事。
インターン報告書 ツナカンを作る事が年度末の楽しみだったので、特に2年目はNPOインターン関係者の方のもとに足を運んで話を聞き、それを記事にしたい、という思いがありました。
インタビューをしに行った時に、池ももちゃん久しぶり!と声をかけてもらえる事で、活動してきた2年間の重みを感じました。2年間で得た人脈で、話を聞きに行き、それを記事にして形にできた事もとても嬉しかったです。


2 SPICE+に、うふふボタンが設置された事。
私は、2年間でSPICE+というNPO総合情報サイトの運営に関わっていました。
プロボノのSEやデザイナーの方達とのミーティングで、私の笑い方が、「うふふ」に聞こえるから、SNSでいう「いいね」ボタンのように、うふふボタンを作ろう!という話になり、本当に実現されたのが印象的でした!笑
嬉し恥ずかしな気持ちでしたが、うふふボタンを私の周りの人が見て、池ももがこれに参加してるんだ!と分かってもらい、興味をもってもらえるキッカケにもなりました。


3 自分で企画したイベントに人が集まらず、APYのみなさんに見捨てられるかと落ち込んでいたら、気持ちを助けてくれて、活動をこれからも続けよう!となった瞬間。
成功体験をたくさんさせていただきましたが、学生が失敗をしても立ち直らせてくれるのが、アクションポートの素敵な所だなと思います!これまでの人生を振り返って、大きな挫折をした事がなかった分、アクションポートで失敗して、それでも活動を続けた(続けさせてもらった)のは、私の大きな経験になりました!

【学生スタッフ体験談】人を支えられる存在の大切さ〜長浜宏海

長浜 宏海(明治学院大学)


2015年ー2019年

こんにちは。2018年度学生スタッフのひろみんです!
たくさんの経験をして、たくさんの人に出会った大学生活もいよいよ終わり、この春卒業して社会人になります。
多くの方々に支えていただいたおかげで、「また大学生になれるとしても同じ4年間を過ごしたい」と思うくらい、本当に幸せで、充実した4年間でした。
今回はその中でも、アクションポートで過ごした時間をみなさんへの感謝と共に振り返っていきますね。

アクションポートに関わったきっかけ

関わることになった経緯は「他学生団体に所属していた時のご縁」、学生スタッフとして関わることを決めた理由は「活動をし続けたかったから」「(主に学生の)活動を支えたかったから」です。
まず、経緯について。2-3年生にかけて、環境系のネットワーク作りインカレに所属していたのですが、そのつながりで2年生の冬に高城さんとお会いしたのが、アクションポートとの初めての出会いです。その後、エコツアーのコアメンバーとして企画に関わる、ツナカン学生応援講座企画に関わるなど、様々な形でアクションポートの活動に参加しました。そして、4年生に上がる際に、高城さんから学生スタッフにならないかとお誘いを受けました。
ちょうど、「インカレを引退することを心に決めたけれど、残り1年を何もしないで過ごすのはもったいない」「自分が今まで散々活動を支えてもらったから、自分も誰かの活動が充実したものになる手助けをしたい」というような想いがあったため、学生スタッフとして最後の1年を過ごすことに決めました。


スタッフとしての活動

「誰かの活動の手助けをしたい」という想いはあったものの、どのような立ち位置で関わるのが一番その人にとってベストな支え方なのかいつも手探りで。先生じゃないから課題を出したり成長の方向を勝手に決めるのも違うし、かと言ってただのアドバイザーだとちゃんと支えられないし、「高城-2」ではなくて「ひろみん」として関わりたいし…などなど、いつも迷いながら後輩たちの企画のサポートをしていました。
いろいろ迷いながらもいつもできるだけ意識していたのは「いいなと思ったときはちゃんと伝えること」です。
ずっと一緒にいると、悪いところばっかり目に付くようになってしまったり、「ありがとう」とか「あなたのこういうところが素敵だよ」っていうのが気恥ずかしくて言えなくなってしまったりすると思うんですけど、「自分が一番その人の頑張りを近くで見てるんだから、自分が伝えるんだ」と思って、イベント後とかにメッセージを送るようにしていました。


最後に

今年一年活動してみて、人を支えられる人・場の貴重さと大切さと陽の光の当たらなさを身に染みて感じました。
アクションポートや高城さんや理事・スタッフの皆さんの支えがなければ、私も他の「主人公」たちも輝くことはできないけれど、舞台裏の頑張りは見えにくい。
だからこれからも私は、人を支えられる人になりたいし、支えられていることに気付いて「ありがとう」って言える人でいたいなと思います。


アクションポートで印象的だった瞬間BEST3


戸塚まつり(2018年5月)
OBOGや学生も集めて準備したのに先方のミスで当日出店できなくなってしまったんです。でも、高城さんが代わりに怒ってくれたり、みんなが「お疲れ様」ってメッセージを書いてくれたりしたので、(ここはみんなが支えてくれる場所なんだな)と改めて感じられました。」


インターン生の成長(長期報告会) (2019年3月)
インターンした全員が、活動を通して、大切なことに気づけたんだなと感じられる時間でした。 特に、アクションポートインターンの2人には、「もー!」と思うこともたくさんあったけど、報告会での発表や、2人が送ってくれたメッセージを聞いて、2人が来てくれてほんとによかったなと思いました。


高城さんが「今日もありがとう」って言ってくれる(いつも)
東北旅行と迷いましたが…(笑)。高城さん自身も疲れているだろうに、イベントがあった日の夜とかには「ひろみん今日もありがとうー!お疲れさまでした!」って連絡をくれるので、それがいつも嬉しかったです。

2019年3月29日金曜日

【NPOインターンシップ体験談2018】考える力、伝える力〜辰己 普さん


名前:辰己 普
インターン先:NPO法人アクト川崎
大学:明治学院大学
参加年度:2018年度

実際にNPOの活動に触れてみたかった

Q.なぜNPOインターンを選んだのですか?

A.NPOについて知らなかったから。
福祉学科の授業で取り上げられて興味を持ったもののなかなか実際の活動に触れる機会が無かった。このインターンを通して少しでも理解することができるのではないかと思い、数あるゼミの中から選択した。半年のインターンを選んだのは、単純により深くNPOの活動に関わってみたいと思ったから。


課題を考えるきっかけとなった調査

Q.インターンの活動の中でも、やりがいのあった活動は何ですか?

A. 自分でテーマを設定して調査を実施したこと。
→結局は「意識調査」となり、温暖化対策の入り口となるような部分の調査であったが、所謂「若い世代」と「環境」を繋げるにあたっての課題を考えるきっかけを得られたから。環境フォーラムでは途中段階ではあるが調査結果と考察をポスター形式にして掲示した。

考える力、伝える力

Q.インターンを通して変化したことはありますか?

A.主に大学の授業において、与えられる情報を鵜呑みにするのではなく、「なぜそうなのか」などと情報を構成する背景に注目するようになった。
以前よりも自分の考えていることを文字にして、周りの人に伝えられるようになった。
NPOについて少し知識がついた。