2013年3月31日日曜日

baybike総会をおこないました!

事務局の北川です。ちょっとご報告が遅くなりましたが、3月21日横浜コミュニティサイクル「baybike」のメンバーで集まり、年度末の総会を開催しました。


始めは写真で簡単にこの1年を振り返り、後半はワークショップを行い、これまでの成果と課題について意見を出し合いました。

日頃は年中無休で働いているメンバーたちなので、こうやって改めてベイバイクのことについて議論する機会はとても貴重!ついつい話し出すと止まらなくなってしまい、メンバーみんなのbaybike愛が伝わってきました。なんだかんだでbaybikeって楽しくて、好きなんですね。私もみんなも。


最後は集合写真。3月ということで、今月いっぱいでbaybikeを卒業するメンバーも駆けつけてくれました。

彼らにとって、baybikeの活動を通して何か得られたものはあったでしょうか。それは人それぞれだと思いますが、ここでの経験が何か成長や発見につながったかなあといつも気にかけてきました。

baybikeには10代から70代!の個性豊かなスタッフがいて、色々あったけど、何かと賑やかで楽しい現場でした。今ではお馴染みですが、でもそれは簡単なことではなくて、それぞれがこの場で何らかの役割を持って、周りのことをお互いにおもいやりあってきたからこそできた環境なんだと思います。そんな「人」こそが一番大事な現場であったと思います。

卒業生を見送ることは、思ったよりもさみしいことでもあって、何かぽっかり穴が開いてしまうようでもあります。でも、baybikeの仲間はこれからも変わらず元気だと思います。4月からはそれぞれの新生活が始まり、また大変なこともあると思います。でも、君たちならきっと大丈夫。そんな気がします。そして、たまにはまた遊びに来てください。

卒業おめでとう!

神奈川の市民活動をささえるところ

事務局の北川です。花冷えの週末年度末となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

やっぱり新年から3月までというのは早いもので、明日からは25年度を迎えます。私も新人職員として5月よりスタッフとなりましたが、アクションポートにとっても、この1年は新しい出会いづくしとなりました。

そして、この年度末にギリギリ滑り込みで新しいメンバーがやってきました。写真の机くんです。


一見ふつうの机になりますが、こちらの机様は私のような新米職員では頭が上がらない位の大先輩になります。

一体何の机かというと、特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ(アリスセンター)から譲り受けた机なのです。アリスセンターというと、1988年に設立されて以来、神奈川の市民活動を牽引してきた知る人ぞ知る老舗NPOです。

この机は、初期のころからアリスセンターで使用されていたものだそうで、つまり、もう20年以上も神奈川の市民活動を陰で支えてきた縁の下の力持ちなんですね。隠れた歴史的財産です。

机さん、アリスセンターでの業務お疲れ様でした。でも、これからもまだまだ現役でアクションポートの活動を支えてください。さてはて、アクションポートではどんな光景を目にすることになるのでしょうか。よろしくお願いします。

机をお譲り下さいました、アリスセンターのみなさまありがとうございます。大事に使わせていただきます!

特定非営利活動法人まちづくり情報センターかながわ(アリスセンター)

2013年3月15日金曜日

なまはるくるくるまきVOL4

こんにちは!
学生スタッフの生田目です。

バリバリに活動する学生を呼んで、
活動を始めたきっかけから、その活動に対する気持ちまで聞き出す
学生サロン「なまはるまき」


レポートが遅れてしまいましたが
今日は、2月22日に行われた
学生サロン「なまはるくるくるまきVOL4」の報告です!

さてさて、ご紹介の前にお知らせがあります。
今までは、学生サロン「なまはるまき」でした。
今回、新しく、学生スタッフのくるみちゃんが加わったことで
「なまはるくるくるまき」と改名しました!

3人となって、さらにパワーアップして行おうと思っておりますので、
今後ともよろしくお願いいたします\(^o^)/

それでは、
VOL4について、レポートです!

--------------------------------------------------------------------------------

今回のゲストは・・・

フェリス女学院大学
国際交流学部国際交流学科1年の松山志穂さん。

松山さんは、学生団体STUNITYに所属されています。
http://stunity.jp/

STUNITYは、
①社会の新しい枠組みをつくる
②学生と社会の間をつなぐ
③次世代のリーダーを輩出する

を目標に、
ジャンルを限らずに、より多くの学生を巻き込む部門
を企画、運営している学生団体です。


松山さんは、教育部門で
福島キッズなど、教育部門のリーダーとして活躍されています。

松山さんの活動のきっかけは、
mixiで、STUNITYを知ったこと。

大学でなにかやりたいという想いから、始めました。


















リーダーを務めるなど、
バリバリと活動している松山さん。
現在は、新入生の勧誘に向けて動いているということです!

これからも、ぜひアクションポートに関わり
一緒に活動したいと思います!

ありがとうございました\(^o^)/